EditRegion5

海外保険付きクレジットカードの選び方 6つのポイント

クレジットカードを選ぶとき重視する6つのポイント
年会費
海外傷害疾病保険の金額
ポイント還元
自分のライフスタイルに合うか
海外での使いやすさ
日本語サポートやキャッシュレスサービス
年会費
無料で便利に海外で便利に使えるカードがあれば一番いいのですが、
リボ払いカードであったり、保険が傷害死亡だけだったりするのが大半です。
サブカードとして年会費無料カードを作ることをお勧めしますが、長期の旅行の場合
他のメインカードを一枚持っておくと安心できます。
それにポイント還元率を考えると有料カードが断然お得になってきます。 もちろん無料カードでも選ぶときにに気をつければ大丈夫
  海外無料保険付カード
海外傷害疾病保険の金額
保険の補償額は 無料カード<普通カード<ゴールドカードの順に高くなっていきます
一枚で安心できるならもちろんゴールドですが
それ以外の無料カードでもタダで補償額を引き上げる事ができます。
海外保険無料で底上げ
ポイント還元
無料の楽天カードも入会で2000ポイント(2000円分)付いてきます。 カードに入会するときは多くの会社がポイントを付けているので、
お得なキャンペーンを狙うのが賢いカードの作り方。
特にJALマイルの貯まるカードはキャンペーンが大きいです。
『あとわずかで』国内旅行が飛行機で行ける場合もあるのでキャンペーンが狙い目。
旅行好きが選ぶカード
自分のライフスタイルに合うか
自分が良く使う店が発行しているカードならポイントも貯まりやすいです。 楽天で買い物するなら楽天カード(最大ポイント10倍)、東急百貨店なら東急カード、
イオンならイオンカードとライフスタイルに合わせた選択がカードを有効活用するポイントになります。
おすすめ保険付帯カード
海外での使いやすさ
海外での使いやすさは、VISA、マスター、JCB、アメックス、ダイナースなど提携ブランドが左右する事が大きいです。
空港についてすぐ現地通貨を手に入れるのにATMに行ったら対応してなかったとなると使い勝手が良いとはいえません。
現在一番普及しているのはVISAだと言われていますが、そうといっても世界は広いので対応してないATMも当然あるわけです。
その時の為にも、カードは複数持って行くことをお勧めします。
海外使えるカードとは
日本語サポートやキャッシュレスサービス
病気になったとき、日本語でサポートを受けられるのは助かります。
そして病院に保険会社が直接支払いを行ってくれるので、支払いに困ることもありません。
このサービスが付いている保険のカードを選ぶのが良いでしょう。
おすすめ保険付帯カード




△ページトップへ戻る      □HOMEへ戻る