EditRegion5

旅行好きが選ぶカード

結局どのカードが一番いいのか
年会費無料、有料と選択肢はあります。無料カードは海外での使い勝手の悪さや不利な条件が付くことが多い、マイルの換算率の低さ(またはマイルに移行するときにお金がかかる)が欠点です。有料カードは圧倒的にマイル換算率がよく選択肢が広がりライフスタイルに合うカードも見つかります。
  • 1,海外保険付き
  • 2,マイルがたまる(1%以上)
  • 3,海外で使いやすい

この三点にそろった無料カードは正直難しいといえます。
ここでは、有料カードからメインカードにふさわしいカードを厳選ピックアップしました。

JALカード CLUB-Aカード
■JALグループ便のご搭乗でボーナスマイルが積算。初回搭乗時に5,000マイル、翌年以降毎年2,000マイル、区間マイルの25%のボーナスマイルをプラス)
■ショッピングでもマイルがたまる。
特約店100円で最大2マイル、ショッピングマイル・プレミアムで100円で1マイル。
■充実したカード付帯保険
■JALエグゼクティブクラスカウンターでのチェックイン
JALカード CLUB-Aカード
club-a
自動付帯
年会費 10,500円
傷害死亡・傷害後遺障害 5,000万円
傷害・疾病治療 150万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(1旅行限度/年間累計)
※ただし、1点・1対限度額10万円
50万円/100万円
救援者費用(年間) 100万円
日本語による緊急医療サービス(無料)

充実の保険自動付帯、日本語のサポートサービス、100円で最大2マイル取得。選べる提携ブランドVisa,MasterCard,JCB。種類も豊富Suica,TOPSuica,TOP&ClubQ,OPクレジット。
入会費を払ってもこれからマイルをためる人には最適 。
お申し込みはこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
■搭乗でボーナスマイルが積算。入会時にボーナスマイル1,000マイル、翌年以降
毎年1,000マイル、ボーナスマイル(区間基本マイレージの+10%)
■ショッピングでもマイルがたまる。100円=1ポイントで貯まったポイント(ANAグループ1,5倍)ポイント移行には、「ポイント移行コース」(参加費5,250円(税込)/年間、自動更新)
■充実したカード付帯保険
■空港ラウンジ国内20ヶ所、海外2ヶ所。海外旅行先での手配を日本語で「グローバル・ホットライン」「カードの盗難・紛失の場合の緊急再発行」
ANAアメリカンエキスプレス
ana-amex
利用付帯
年会費 5,250円
傷害死亡・傷害後遺障害 3,000万
傷害・疾病治療 100万
賠償責任 3,000 万
携行品損害(1旅行限度/年間累計) 30万円/ 100万
救援者費用(年間) 200万
海外旅行先での日本語サポート

充実の保険自動付帯、日本語の「グローバルホットライン」、国内外での緊急再発行が無料。手荷物無料宅配サービス空港から自宅まで。
ANAのマイルをためる人には最適なカードです 。

予備カードにマスターカードまたはVISAカードを持つことをお勧めします。




△ページトップへ戻る      □HOMEへ戻る