EditRegion5

海外カード犯罪

スキミング
スキミングによる被害が増えています。
スキミングとはクレジットカードカードの磁気に記録されている各種データを機械で盗み取る事。 この詐欺は、カードが手元に残るので所有者は気付かず、使用明細が届いて発覚するのが特徴です。 対応策としては比較的読み取りにくいとされるIC付きのクレジットカードを使用したり、信用できる店でカードを使うことで被害に遭いにくくなります。
もしも被害にあってしまったら多くのクレジットカードには『盗難保険』が付いているので(利用規約を確認しましょう)保険の適応期間(60日~90日)に不正に使用された事を申し出てください。認められれば保険で保障されます。
過大請求
カードを使った店が詐欺を行う場合があります。
実際に買った値段と請求額が違うことで見つかるのでレシートの金額を必ず確認しましょう。
身に覚えのない請求があった時の対処法について
カードの盗難
気を付けていても避けられないのが盗難です。 盗難にあった時は直ちに発行した金融機関に連絡してください。 そして警察にも盗難届を出すと後の手続きがスムーズに進みます。 暗証番号は生年月日や電話番号など推測されやすいものにしないのが鉄則です。カードが盗まれて『正しい暗証番号』を使ってお金を引き出された場合、原則として損害はお客が負担しなければならない、とカード会社、銀行は主張するからです。推測できる安直な暗証番号は避けましょう。

毎月の利用明細をチェックすることで被害は最小限に防ぐ事ができます。 『盗難保険』適用期間中に被害に気付くことが肝心です。もし海外に長期滞在する人はオンラインで明細をチェックするか、カードの引き落とし先の銀行口座で不審な金額請求が無いかしっかり確認しましょう!




△ページトップへ戻る      □HOMEへ戻る