EditRegion5

海外旅行保険基礎用語

今回海外旅行に行くまで、『海外保険は全然知らない』という人が多いと思います。 初めは僕もそうでしたから。基本の海外傷害保険の種類を簡単に説明したいと思います。
傷害死亡、後遺障害
旅行中の事故によるケガが原因で死亡した場合、または後遺障害が生じた場合の補償です。
万が一の場合に備えたもので、旅行中に恩恵を受ける事はないです。
傷害・疾病治療費用
旅行中の交通事故でケガをしたり、風邪や盲腸など病気で手術、入院、通院した場合に補償してくれます。 これに入っておかないと、病気にかかった時が大変です。
賠償責任
他人をけがさせたり人の物を壊してしまった時など賠償責任を負ったときに保証してくれます。
携行品損害
持ち物が、盗難、破損損害を被った場合の保障。 盗難にあった時はしっかり現地の警察に盗難にあったという証明書類を書いてもらいましょう!
救援者費用
長期入院した場合、家族が現地に滞在するための費用(交通費、宿泊費)を保障します。

*保険は海外で病気になった時にその威力を発揮します。 特に、病気にかかった時に、サポートセンターに電話することで日本語で病院に紹介・予約してもらえます。保険会社が直接支払いする『キャッシュレスサービス』は大変便利です。 現地の言葉や英語に不自由がある場合は、日本語サポートが受けられるものを選ぶと意思の疎通がスムーズです。 英語で病状を説明するのは意外に大変です。




△ページトップへ戻る      □HOMEへ戻る