EditRegion5

無料クレジットカード海外使用の注意点

無料クレジットカード海外使用の注意点とは
どこのクレジットカード比較サイトでも無料の海外保険付帯カードを勧めています。
はじめはわたしも無料カードで海外旅行を済ませようといろいろと調べましたが、
結論としてメインカードとして年会費無料カードを持って行くのは難しい思いました。
なぜなら年会費無料カードは条件が付いていて安心して海外で使えないからです。
しかし今の現状、入会を勧める為に『年会費無料』『海外保険付き』という事が独り歩きしていて、本当に海外旅行のメインカードにならないのが現状です。
しかし、そういった情報ほど手に入りにくく、いざ海外に持って行ってから現地でカードのアクシデントに会う人が多いのではないかと危惧しています。
他のページにも書きましたが、長期の海外旅行中クレジットカードのアクシデントに見舞われて資金難におちいり、緊急帰国した人を僕は何人も知っています。というか僕もなんですけどね。

ここでは、無料カードの注意点について触れたいと思います。
海外旅行保険付帯付きのカードを知り、違いを知ることで無料カードで海外旅行生活が楽しめると思うからです。

入会費無料のカードはリボ払いカードが多い
リボ払いとは月々に返済する額を決めておいて月々定額返済をするわけですが、
高利の返済を長期間続けることになり多くの金利を払うことになります。
そのため、リボ専用カードは、一括払いができるカードに比べて、『お得な』付帯保険が充実している傾向があるわけです。
ここのサイトでも紹介している『楽天カード』は入会無料で海外保険付きとして便利なカードです。
国内ではキャッシングも一括で返せます。
しかし、海外のATMでキャッシングすると返済がリボリング払いになってしまうので、
返済に時間がかかり15~18%の金利を長期間続けることになります。
楽天国際キャッシング返済リボ払いの説明 ⇒楽天Q&A海外キャッシング
カード付帯海外保険の短所
1、三か月以内(二カ月もあり)の旅行でないと保証されない(延長不可)
2、保証額が少なく、2000万円保障と書いてあっても死亡した場合のみも多い
3、旅行代金を払わないと保険がつかないものがある(利用付帯)
4、病気で死亡した場合の補償は無い。
5、保険会社の連絡先を調べておかなくてはいけない。

などの注意するべき点が多くあります。
それを十分に知って、使える点は使い、補うところはしっかり補って海外に出発しましょう!
海外キャッシングを使う予定の人は、海外カードアクシデント記事をぜひ読んでいってください。 海外でのカードアクシデントで帰国する人は少なくないのです。




△ページトップへ戻る      □HOMEへ戻る